RSS | ATOM | SEARCH
見える事例検討会

本日平成28年6月22日は「見える事例検討会」に参加してまいりました。

「見える事例検討会」 とは、様々な分野で起きてい「現場の問題」を特に介護 ・看護・医療にフォーカスし、ありとあらゆる事例について多職種参加型で問題解決を図る会議スタイル。

横浜市金沢区で始まり、認知症高齢者を取り巻く環境、課題を題材に、見える事マッピングを使用して、NHKクローズアップ現代で大きく紹介された。

栄区でも数年前から有志によって始まり、コツコツと事例を積み上げてきた「見える事例検討会」。

今回は見え検チーム栄と栄在宅医療相談室との共催で行われた。

生みの親である、八森淳先生や大友路子さんをファシリテーターとしてお迎えし

本場の見える事例検討会が行われた。

写真は八森先生

author:asahiro-dc, category:栄区在宅医療相談室, 02:01
comments(0), trackbacks(0), - -
栄区在宅医療相談室 事例検討会
本日は栄区在宅医療相談室の事例検討会がありました。
「在宅における嚥下困難者の支援を考える」
木村内科・胃腸内科の木村貴純先生の「嚥下障害の在宅診療」
横浜市中野地域ケアプラザの穴井貞子先生「嚥下困難なケース・その家族との関わり」
私も「摂食機能障害と歯科の関わり」最期まで安全に食べるについて講演してきました。
author:asahiro-dc, category:栄区在宅医療相談室, 22:52
comments(0), trackbacks(0), - -